便利に進化する銀行系カードローン

銀行カードローンの成り立ち

銀行系カードローンは消費者金融とは異なりますがお金を借りるという点では消費者金融と変わりません。
ではどこが違うのでしょうか。
法律の改正で総量規制が設けられました。
総量規制とは年収3分の1以上の借り入れが出来ないように(融資を行わないように)した法律です。
この法律は貸金業法によって定められています。
消費者金融は貸金業法で決まりが定められていますのでこの総量規制の対象となり、収入のない専業主婦は借り入れができなくなってしまいました。
しかし、銀行系カードローンは貸金業法ではなく”銀行法”で決まりが定められていて総量規制の対象外となっています。
ですから専業主婦の方でも借り入れが可能になっています。

銀行カードローンの特徴とメリット

銀行系カードローンの特徴は低金利・高利用限度額にあります。
一般的な消費者金融に比べて金利は低く設定されていて、かつ利用限度額は消費者金融が最高で500万円程度であるのに対して銀行系は最高で1000万円までと高額になっています。
そのため、口コミなどで消費者金融よりも審査が厳しいなどと言われますが、実際にはそのようなことはなくほぼ同じ内容で審査されています。

ネットバンク対応の振込キャッシングが増えています

以前は銀行の窓口での審査・申し込みを行うのが一般的でしたが最近ではインターネット上から審査・申し込み・融資が行えるネットキャッシングに対応している銀行が増えています。
ネットキャッシングは24時間いつでも申し込むことが可能で、平日であれば即日に融資を受けることが可能ですので今後も利用者は増加すると思われます。
また、インターネットであればスマホなどを利用しどこからでも借り入れ・返済が行え、利用状況の照会や返済シュミレーションが行えたりと利用者に便利なサービスですので、各銀行系のローンでも採用する銀行が今後も増加すると予想されます。